妊婦 便秘 杜仲茶

杜仲茶は便秘がちな妊婦こそ飲みたい効果がたっぷり

杜仲茶

 

一般的に成人が1日に必要とする水分量は1.5L〜2Lと言われているのですが、実は食品からも1L程の水分を摂取しています。妊娠中はつわり等の影響から食事量が減り、水分が不足して便秘になっている場合があります。

 

 

また、妊娠中は増えた黄体ホルモンの影響で腸の動きが弱くなり、便を送り出す力が不足した結果、水分量が不足して便秘になったり、成長した胎児によって大きく膨らんだ子宮に腸が圧迫されて便の通りが悪くなり、腸内で水分を奪われ過ぎて便秘になると言われています。

 

こういった便秘を改善する処方薬にマグネシウムがあり、妊婦さんにも飲めるお薬です。便秘茶としても利用されている杜仲茶にはマグネシウムも含まれています。便の水分量を増やす効果のあるマグネシウムを薬としてでなくお茶から摂れるのはうれしいことですね。

 

杜仲茶に含まれている成分

 

杜仲茶には他にも多くの健康成分を含んでいて有効成分としては、カリウム、鉄、亜鉛、ゲニポシド酸、グッタペルカがあります。

 

マグネシウム

 

マグネシウム

便に水分を与えて柔らかくする作用があり、カーブの多い腸内もスムーズに動くようになるため、排便がしやすくなります。マグネシウムは体内で吸収されにくいミネラルなので、腸内まで届きやすく、水分保持として高い効果が得られるます。

 

 

カリウム

 

カリウム

利尿作用で有名なカリウムですが、カリウムには腸の働きを活発にする作用があるため、腸内の便が送り出されやすくなります。

 

また、筋肉の収縮を調整する作用があるため、カリウムが不足すると慢性疲労を感じたり、体に力が入らなくなったり、筋肉痛になりやすくなったり、酷い時には痙攣を起こすこともあります。

 

日々成長する赤ちゃんの重みに耐える力を確保する為にも、カリウムは積極的に摂りたい成分です。

 

 

鉄分

 

鉄分

鉄欠乏性貧血になると、血液の状態を良くしようとして、体は水分を出来るだけ吸収しようとします。そのため便の水分量が不足して便秘になりやすくなります。

 

鉄分の摂り過ぎは便秘になると言われていますが、サプリや処方薬を飲んだり、鉄分の多いレバーなどを毎日大量に食べなければ過剰摂取になる事はまずありません。

 

 

亜鉛

 

亜鉛

身体機能の調整作用があります。また、タンパク質やDNAの合成を行う酵素に必要不可欠な成分ですので、妊娠中の方は特に意識して摂りたい成分です。免疫力を強化する作用もありますので、風邪などの感染症にかかりにくくなるため、薬を飲めない妊娠中の方には嬉しい効果ですね。

 

 

ゲニポシド酸

 

ゲニポシド酸

大腸の動きを良くして便が排出しやすくなります。自律神経を調整し、副交感神経を活発にする作用がある為、リラックス効果でストレスの軽減や安眠、血行改善効果で肩こりや腰痛などの痛みを和らげる作用があります。

 

また、高血圧や血中コレステロールを軽減する作用がある為、血液サラサラ効果で胎児への栄養供給もされやすくなります。

 

 

グッタペルカ

 

グッタペルカ

杜仲の葉に含まれるゴム状の樹脂です。余分な脂肪を絡め取り排出する作用と、活性酸素を除去し、健やかなDNAを作りだす作用があります。

 

 

杜仲茶はカフェインレス

 

杜仲茶にはこれだけの有効成分が含まれていますが、カフェインを含まないお茶ですので、妊娠中でも安心して飲む事ができます。冷え性改善効果もありますので、出来ればホットで飲んで頂きたいお茶です。

 

杜仲茶にはタンニンが含まれており、適量を摂取する分には抗酸化作用と腸の動きを活発にする作用があるのですが、大量に摂取すると逆に便秘の原因になるとも言われていますので、飲み過ぎには注意しましょう。

 

タンニンには鉄分の吸収を妨げる作用もありますので、食後2時間ほどは飲むのを控えると良いかも知れません。

 

杜仲茶はどこで買える?

 

杜仲茶は特に珍しいお茶でもないのでドラッグストアやスーパー、コンビニなどでも手に入ります。茶葉から沸かすタイプやペットボトル販売されているものもあります。

 

多くは海外の茶葉を使用していますが、国産の茶葉を使った杜仲茶もありますから好みのものを選ぶといいでしょう。通販で購入するならアマゾンでもたくさんの種類が販売されています。

 


AMAZONで取り扱っている杜仲茶の一覧

page top