妊婦 便秘薬ラキソベロン

妊婦は便秘薬「ラキソベロン」飲んでもOK?

ラキソベロンという便秘薬は腸の蠕動運動などの機能が低下していることが原因の弛緩性便秘の改善に向いているお薬です。タイプとしては大腸を刺激して排便を促すというものです。

 

比較的、便秘解消までの効果が早くでやすく7時間から12時間後にはトイレに行きたくなるということが多いです。子供や高齢者、妊婦にも処方される安全性の高いお薬です。形状として錠剤、液体、ドライシロップがあります。

 

⇒ 妊娠中の便秘解消には安全・即効なこちらがおすすめ

 

ラキソベロンは癖にならない?

 

よく便秘薬を飲んでばかりいると、飲まないと排便できなくなるなどの耐性があるといいますが、このラキソベロンはそういったことが少ない薬です。ラキソベロンが分類される刺激性下剤は癖になりにくいといわれています。

 

妊婦さんがラキソベロンを飲むというのは病院などで処方された場合のみで、自宅にあったからと人の薬を自己判断で飲むのはやめてくださいね。以前に飲んだことがあったとしても妊娠中は医師の判断に従うようにしましょう。

 

ラキソベロンの副作用はめったにないといわれていますが、重篤なものとして稀に腸閉塞、腸管穿孔、虚血性大腸炎などが起こり得るという事です。軽いものではめまいや下痢になることもあるそうです。

 

シロップのラキソベロンの飲み方は?

 

シロップタイプのラキソベロンを飲むときはそのまま口の中に原液をいれないように注意してください。腸まで成分がしっかりと行き届きません。

 

処方されたときに薬剤師からも説明があると思いますが、お水に決められた量を入れて混ぜてから飲みます。大抵は10滴くらいから頑固な便秘だと15滴くらいになります。

 

まとめとして妊娠中でもラキソベロンを飲むことができますが強いお薬ですので、効果があるからといって便秘解消への努力はやめてラキソベロンだけに頼るということのないようにしましょう。

 

page top