妊婦便秘 切れ痔

妊婦の便秘は切れ痔にも注意!

新しい命をはぐくむ妊娠中はとても喜ばしいものです。日ごとに大きくなるお腹をみて予定日を指折り数えて待っていたり、出産してから必要なものを買いに行ったり、とやがて産まれてくるわが子に思いを馳せたりします。

 

妊娠とは本当に喜ばしいことなのですが、それでもやはり妊婦さんにしてみると重労働で、しかも自分の体に気をつけたり、子どものために葉酸を多く取ったり、バランスの良い食事を心がけたり、体重に気を配ったり…としなくてはいけないことはたくさんあります。

 

妊娠はどうしても子宮が大きくなるに従って大腿部にある血流が阻害されてしまいがちです。そのため足がつったり、疲れやすくなったり、更には便秘に悩まされたり、ということが往々にしてあるのです。

 

⇒ 切れ痔の予防にも「妊婦便秘解消」は大事

 

妊婦は切れ痔になりやすい?

 

「ストレスをためてはいけませんよ」と産婦人科の先生から言われた方も多いのではないでしょうか?ストレスは万病の元です。妊婦さんにもいいはずがありませんよね。

 

しかし、知らず知らずのうちに水分不足になり更にひん尿のため水分がとられ、便秘になってしまいストレスを抱え込むようになった人も。ストレスをためまいと努力するあまり、便秘解消のためトイレで頑張りすぎ切れ痔になってしまう人もいるのです。

 

便が固くなってしまう、便秘が続いていて便が太くなるなどすると排便の時に肛門が切れやすくなってしまいます。実際になってみないと分からない程痛く、声が出てしまうほど激痛を伴うこともあって大変なことです。

 

何度も書いてきましたように妊婦さんは特別なことをしていなくても血流が悪く水分不足です。どれほど気をつけていても水分がある程度少なくなってしまうのです。それは胎児へ栄養分を送ることにも起因しています。

 

妊娠中、身体がぽかぽかしていたなあ、なんて思うことはありませんか?それは胎児に栄養を送るために代謝が上がっているからです。更にはお腹に胎児がいますから、四六時中湯たんぽを抱えているのと同じ状態なのです。

 

それゆえ、水分不足になり便秘傾向が強くなるのです。便も固くなりがちでそんなに頑張らなくても肛門を傷つけ切れ痔になってしまうこともあるのです。切れ痔になるとまたトイレに行くのがストレスになります。

 

そしてまた便秘に…と負のスパイラルに入ってしまいます。切れ痔になったらもう仕方ない、と割り切って肛門科を受診し、塗り薬を貰って患部をいたわってあげることも必要かもしれません。

 

便を出やすくして切れ痔を予防!

 

便が固くなってしまうのが原因なことが多いので便秘を解消するように食物繊維の多い食べ物をチョイスしたり、水分不足にならないように気を付けてとにかく便秘予防に努めましょう。

 

妊婦も安心して実行できる便秘解消の方法は、

などがあります。

 

軟便・下痢にも注意

 

便秘解消すれば切れ痔にもならずに、おなかの張りやガスの問題もなくなる!と適量以上にオリゴ糖、乳酸菌、食物繊維をとるのは良くありません。あまりに多く摂りすぎると便秘解消を通り越して軟便になることもあるからです。

 

切れ時対策としては便が柔らかいから問題なさそうに思えますが、水分の多い便は素早く肛門を通り抜けるためその圧力で傷ついてしまうことがあるのです。1日に推量されている量を確かめて安全に使っていきましょう。

page top