妊娠中に便秘解消の漢方薬を飲んでいい?

妊娠中に便秘解消の漢方薬を飲んでいい?

 

女性は男性よりも便秘になりやすいと言われていますが、それは腹筋が男性より弱いから、恥ずかしさから便意があっても我慢してしまうから余計に酷くなると言われています。さらに、妊娠中の女性はつわりによってお食事の量が少なくなったり、ストレスがかかったり、運動不足になったりで便秘になりやすいんですよね。

 

⇒ 妊娠中の便秘解消には安全・即効なこちらがおすすめ

 

お腹の中の赤ちゃんが大きくなるにつれて、血流が悪くなり、また腸管の働きが悪くなることが原因で余計に便秘が酷くなってきます。しかし、便秘が続いているからと言って、赤ちゃんがいるお腹をマッサージすることはおすすめできないです。

 

妊婦でも大丈夫とされている便秘薬でも常用するのは、お腹の中の赤ちゃんに悪影響が出るのではないかと不安になりますよね。便秘薬に頼っているとそのうち耐性ができて効き目が悪くなることが多いので、その時のことも不安になります。こうなると、自然な排便が起こりにくくなり、ますます便秘になりやすい体質になることがあります。ずっと悪循環が続いていくのです。

 

注意したいのは、市販の便秘薬は妊娠中は服用できないものがあるということです。さすがに市販の便秘薬を注意書きも見ないでどんどん飲んでしまう妊婦さんはいないと思いますけど。下剤を服用するその成分が血液から胎盤を通じて赤ちゃんに影響を与える恐れがあるのです。

 

 

漢方ならどう?副作用ないんでしょ?

 

漢方薬は一般には副作用がほとんどないとされていますが、健康な人でもちゃんと薬剤師に作ってもらえば「ほとんどない」ということでまったく安全というわけではありません。

 

 

しかし、安全だという思い込みから、早く便秘を解消したいという妊婦さんは漢方薬に飛びついてしまうことがあるそうです。漢方は市販の便秘薬や、下剤より効き目がマイルドなので身体への負担が軽めとは言われていますが、市販のものはやはりおすすめはできません。

 

漢方薬を選ぶのには、妊娠前の体質なども考慮しないといけないので、知識のない人が市販の漢方薬を買って飲むのはやめた方がいいでしょう。(ちゃんとした漢方薬局、医師が処方してくれたものは大丈夫です。)

 

配合されている漢方、生薬によっては下痢や子宮収縮作用があるものがあり、きちんと妊娠中でも安全な漢方薬を選ぶことが必要になるからです。どうしても漢方がいい!という場合は、自己判断で市販のものを購入せずに、病院で産婦人科の医師に相談してみてください。(麻子仁丸、当帰建中湯などがあります。)

 

自分で勝手に判断して買った漢方薬を服用するよりも、自然素材のオリゴ糖乳酸菌食物繊維を使用したり食事の見直し、そして適度な運動を心がけるほうが便秘解消への道は近いと思いますよ。

 

page top